パウ・ボウル SHIZUKU

あごびちゃ猫、飲みこぼし猫、短足猫にも優しい器


2022年夏クラウドファンディングにて商品化決定!

パウ・ボウル SHIZUKU は、2022年7月 CAMPFIREにて多くのご支援をいただき、商品化することが決定しました!

bt_buy

ちょっぴり飲むのが下手な猫さんにも優しい器に

 猫は犬ほど多くは飲みませんが、泌尿器疾患を防ぐためにも、適度な水分を毎日しっかり取る必要があると言われています。「我が家の猫たちは大丈夫かな?」と、大切な愛猫が毎日しっかりお水を飲めているのか心配な方も多いのではないでしょうか。

 猫によって食べ癖があるように、お水を飲む時も飲み癖があるんだなと、我が家の猫たちを見ても日々感じています。上手に飲める猫さんもいれば、体型や顔の形が原因で、市販の器ではうまく飲めない猫さん達もいます。
 PAW-MOTTOは、そのような悩める猫さんでも、飲みやすい器を目指すため独自の研究を行いました。

bt_buy

愛猫たちの飲み癖を研究

 上手に飲める猫さんは、舌の裏側でお水をすくい、とても器用に飲みます。しかし、床をびちゃびちゃにしてしまう猫さんは、器の縁を使いながら、舌の表側を使って飲む事が多いようです。また、水をすくうことができず、ただ、舌を出したり引っ込めたりしながらちょっとずつ絡め飲む子もいます。一方、鼻ぺちゃの猫さんは、マズルが短いので鼻が濡れやすく、それを避けるためか、どうしても「あご」からアプローチしがちな子が多いようです。結果、あごがびちょびちょに…。

 そんなお悩みを少しでも軽減できる、優しい形を目指し「パウ・ボウル SHIZUKU」を作りました。

主な特徴


①優しい形の角丸三角形

 基本の形は「パウ・ボウル ONIGIRI(フード・ボウル)」と同じく、やはり角丸三角形。ウォーター・ボウルであっても、髭が縁に当たるストレスを軽減するためには、この形が優しいと分かりました。また、パウ・ボウル ONIGIRIと並べてご利用いただきやすい形状でもあります。

 

②あごびちゃ猫のためのスロープと飲み口

 あごびちゃ猫のために、考案したのが「あご乗せスロープ」です。これは、水面にあごや胸元の毛が直接触れやすい猫さんに配慮したものです。また、短足猫でも水が飲みやすいように手前の縁には「手前飲みアプローチ」もつけました。

 

③わかりやすい水量の目安とお手入れしやすい形

 「あご乗せスロープ」の傾斜の先端ラインを目安にお水を入れていただくと、多過ぎず少な過ぎない約200mlの水量になります。これは、お手入れしやすい大きさの器でありつつ、計量カップでも簡単に測れる水量を推奨量とすることで、日々のお世話もシンプルでスムーズにしたいという思いから考えたものです。また、土台の部分が角丸三角形になっているので、下の写真のように寝かせて置けば、洗った後の水切れもいつの間にかできてしまい、お忙しい日々のちょっとした時短にもつながります。

 

④ふち飲み床びちゃ猫にも優しいコーナーとガード

 そして、ふち飲み床びちゃ猫も飲みやすいように、あえて器の内側に凸となる「ふち飲みコーナー」を設け、そのコーナーから反り立つ様に「水はねガード」を設けました。それにより、飛び散りを抑え、器内に水が戻る効果も期待できます。

 

⑤安心安全な基本の配慮

 みなさまに品質と衛生面にも安心できる製品をお届けするため、PAW-MOTTOは国内生産にこだわっています。「パウ・ボウル SHIZUKU」は日本製(陶磁器)、人と同じ安全基準をクリア、そして、電子レンジ・食洗機にもご利用いただける高品質な陶磁器です。

 

⑥器ひとつひとつに現れる個性

パウ・ボウル SHIZUKU」は(前作のパウ・ボウル ONIGIRIと同じく)、創業100年の信頼と実績ある瀬戸焼の老舗窯元さんに生産をお願いしています。型から外した後、職人さんがひとつひとつ丁寧に手作業で仕上げを行います。そのため、若干の重さや小さな凹凸はもちろん、模様の細部にもばらつきがあります。
 さらに、釉薬の特性上もあり、濃淡などの色むらがみられますが、これは、焼き上げる事で自然に現れるものです。また、土の成分が泥しょうの跡として現れたり、小さな鉄粉が表面に現れることもございます。
 これらの特徴はすべて「器ひとつひとつに現れる個性」となります。その唯一無二の個性も、お楽しみくださいませ。

bt_buy

※パウ・ボウル SHIZUKUは 独自の研究に基づき設計した「飲みやすさをサポートする器」です。そのため、全ての猫の飲みこぼしを完全に防ぐものではございません。また、猫それぞれの飲み癖、好みなどによっては、合わない場合もございます。

スペック詳細

本製品は量産用の石膏型に圧力をかけながら泥しょう(粘土)を充填する「圧力鋳込み」という成形方法を用いており、充填口(泥道)から注がれた泥しょうの成分が、焼成後も薄く細い線として残ることがあります。これは破損ではなく、製品の強度に影響を及ぼす事もございませんのでご安心ください。 また、まれに成分に含まれる鉄粉が小さな粒状になって表面に現れることもございます。

カラーバリエーション

 

bt_buy

Naoko Nishino

クリエイティブ系の仕事に通算20年ほど従事した経験を持つ、アナログからデジタルまで幅広い知見を有するプランナー兼デザイナー。一級愛玩動物飼養管理士、インテリアプランナー 、二級建築士の資格も有する。2020年からは、自身が企画デザインをしたクラフト猫家具Paw-titionⓇやフードボウルをはじめとする作品を、その他のアート作品と絡めた個展や展示会を開催し、それらを通じて猫と人の優しい距離感の大切さ、優しく観察しながら見守ることの大切さを伝える活動を行っている。